園芸用品

庭を綺麗に保つ秘訣は業者です|草刈りは依頼するのが鉄則

すっきりさせる

剪定をする作業員

庭の木の剪定を業者に依頼すると枝が伸びすぎるのを防ぐことができます。うっそうと茂った庭では暗がりができるため泥棒に入られる危険性がありますが、すっきりとした庭にすることで防犯にもつながります。

もっと読む

スピーディーな作業

草取り

自宅に庭がある場合には手入れをこまめに行なわないとすぐに草が生えてしまうので大変です。小さな範囲の手入れなら自分で行なうことができますが、広い庭を持っているという人や、草が長く伸びてしまったという人の場合は自分で草刈りを行なおうとするととても手間や時間がかかります。庭の手入れが大変だという人は、業者に草刈りを依頼しましょう。草が伸びてしまった庭でも業者に依頼すると短時間できれいな庭に整えてもらえます。自分で草刈りを行なう場合は手入れに使う道具はカマなどを使用することが多いので少しずつしか処理できませんが、業者には専用の機材があるため一度に多くの量の草刈りを行なうことが可能です。もしも自分で草刈り用の機材を購入しようとすると高い費用が必要になりますし、扱いも危険を伴います。プロに任せると安く安全に作業を行ってもらえるので安心です。
庭の手入れを行なうには時期によって行なう工程が変化しますが、5月に消毒を行ない、7月に草刈りや芝刈りをするのがいいとされています。春先ではまだ庭の植物があまり育っていないことが多いので消毒を行なうと大切な庭の植物にまでダメージがでてしまいますが、5月頃には強く育っているのでダメージを受けにくく、病気や虫から庭を守ることができます。夏頃には庭の緑が活発に伸びてくる時期ですが、同時に雑草も茂りやすいため庭の植物に日光が当たりにくくなります。そのため葉が広がりやすい7月頃に草刈りを行なうことで効果的に庭の手入れができるのです。いつが手入れに適しているのか、その時期に行なえない場合はどうしたらいいのかなど、分からないことは業者に相談しましょう。草刈りは依頼するのが鉄則なのです。

業者ごとの違い

草刈りする人

草刈りの作業を依頼するには、造園業の人に頼む方法の他に、便利屋やシルバー人材センターに依頼する方法があります。それぞれ技術や料金に違いがあるので、自分に適した業者を選びましょう。

もっと読む

危険なほど高くなる

木

業者に伐採を依頼するときの金額は、その木の高さや危険度によって変化します。高さがあり、伐採の難易度があがるほど金額が高くなるので、電話口で見積もりを行なうときには状況をきちんと説明することが大切です。

もっと読む